龍羽ワタナベの開運占い

中国四千年の歴史に裏打ちされた本物の占いと風水で運気アップ

台湾の鬼月始まる!鬼たちの夏休み、感謝の心で迎えましょう

台湾の鬼月始まる!鬼たちの夏休み、感謝の心で迎えましょう

日本はお盆休みが始まったようですね。

旧暦(=農暦)で生活をしている台湾でも、日本のお盆に似たような風習があります。

旧暦7月の1か月間を鬼月といって、

あの世とこの世を遮断している鬼門が開きます。

今年は本日8/11が、鬼門開きの日(鬼月の始まり)です。

霊(オバケ)のことを台湾では鬼といって
その鬼たちがこの世に戻ってきます。

日本ではご先祖様をお迎えするのがお盆ですが
台湾の鬼月はご先祖様だけでなく、たくさん舞い降りてくるのです。

そして、1年に1度の鬼たちの夏休みのようなもの?

鬼月は鬼たちのどんちゃん騒ぎが続きます。

しかし、ご先祖様や守護霊などの良い鬼もいれば、質の悪い鬼もいます。

中には悪さをする鬼もいるわけです。

鬼月の過ごし方

悪さをする鬼に目をつけられないようにしないといけません。

鬼月の代表的な禁止事項

・結婚式
・車の購入
・不動産購入や引越
・お店や会社の開店
・海、川などに入る
・夜に洗濯物を干す
・夜に笛(口笛も)を吹く

まず、悪い鬼はおめでたいことを妬みます。

ですから、慶事や大きな買い物はしてはいけないのです。

そして、鬼は夜ほど活発に行動します。

夜に干した洗濯物に憑かれてしまうと、それを着れば具合が悪くなります。

同様に夜の笛(口笛も)は鬼を呼び寄せてしまうから、吹いてはいけません。

それから、日本でもお盆以降、海や川に行ってはいけないと言われていますよね。

これと同じ理由で、台湾の鬼月も避けなければいけません。
一番恐ろしいのが水鬼と言われています。

そのようなことに気をつけながら、おとなしく過ごすのが良いとされています。

それと同時に、しっかりとあの世の鬼たちを接待(拝拝)するのです。

鬼月の開始旧暦7月1日「鬼門開」、15日「中元節」、終わり31日「鬼門閉」

ご家庭だけでなく、お住まいのマンションや地域で、またオフィスや店先でも
お供えをしたり、あの世のお金(冥紙)を燃やす光景が見られます。

それは、ご先祖様を含む鬼たちが、鬼月の1か月を思う存分、
この世を楽しみ、また悪さをしないようにお願いするためなのです。

お供えにはジュースやお菓子、インスタントラーメンなんかもあるのが台湾らしい。

ちなみに、しつこく”鬼”と書いてきましたが、
台湾では鬼(霊)のことを、好兄弟と親しみを込めて呼びます。

また、中元節は特別で、各地で大きなイベントが開催されます。
中元節については、また改めてご紹介しますね♪

この時期に台湾へお越しの際は、鬼月ならではのイベントもお見逃しなく!

そして、くれぐれもお気をつけくださいませ~

決して、日本に好兄弟を連れて帰られませんように!(笑)

冗談はさておき、日本や台湾にはこのような素晴らしい風習があります。

いつも以上にご先祖様に手を合わせ、感謝の気持ちで迎えたいものですね。

Comments Closed